森下仁丹の新型コロナウイルス感染症への対応について

森下仁丹は、2020年2月1日に立ち上げた「緊急対策本部/事務局」の設置を起点として、感染対策の実施、および 感染症拡大に伴うリスクに対する社内体制の整備など、必要に応じた対応を行っています。

新型コロナウイルス感染症の対応に関する基本方針

  1. 1)従業員、その家族及び関係者の人命・安全を最優先とする対応を図る。
  2. 2)事業を重要度により分類し、その重要度にあわせた経営資源を再配分することにより企業経営を維持し、社会的責任を果たす。
  3. 3)国および地方自治体の要請に基づく行動と感染拡大防止への協力を推進する。
  4. 4)パンデミックに関する基本計画、予防策等の必要な情報を従業員およびその家族に適宜提供する。但し、地域、事業所、職場単位での流行状況や病原性に応じた適切な対応と柔軟な感染防止策を実施することとする。

関連するプレスリリース

従業員や家族の健康と安全の確保

1.時差出勤、テレワーク、在宅勤務などの導入

感染予防と事業継続の観点から、従業員一人ひとりにあわせた柔軟な勤務形態を継続しています。

2.マスクや消毒液の配布、健康管理

全従業員(派遣社員、アルバイト含む)へのマスクや消毒液の配布を行いました。また、拠点内にサーモグラフィーや非接触体温測定器を設置するなどし、各人の健康チェックの徹底と記録管理を継続しています。

3.職場環境の整備

2月6日より海外出張の自粛を開始、その他国内においても不要不急の出張や移動を控えています。
テレビ会議システムやオンラインミーティングの活用を全社で推進しているほか、マスク着用の励行、デスクウォールの設置、定期的な換気などを行い、「3密」の回避を実践しています。

生産拠点およびコールセンターでの感染対策

生産拠点

当社の生産拠点である大阪テクノセンター及び滋賀工場では、医薬品や食品の供給責任を果たすため、官公庁の新型コロナウイルス感染症感染拡大予防ガイドライン及び手引きに従い、必要な対策を講じて生産活動を継続しています。

コールセンター

コールセンターでの感染対策

コールセンターではお客様からのご注文やさまざまな問合せに可能な限り対応できるよう、従業員の時差出勤を行い、時間を短縮して営業を継続しています。

来訪者(従業員以外)の方々に対する安全確保

  1. 1)お取引先様においては、不要不急のご訪問・ご面談の自粛依頼を行っており、テレビ会議やオンライン面談にご協力いただいています。
  2. 2)来訪者様やご面談が必要なお取引先様においては、入館前の体温チェックと健康に関するご質問表への記入にご協力いただいています。
  3. 3)その他必要に応じ、ご来訪の方々へ安全確保に関するご協力をお願いしています。
  4. 4)新卒採用説明会および採用面談をオンラインで実施しました。

製品・サービスのご提供

森下仁丹では創業来、皆様の健康の一助となる製品・サービスのご提供を掲げ、企業活動を続けてきました。
この度の感染症拡大を受け、人々の健康維持への意識はより一層高まっていることと思います。先行き不透明な社会情勢でありますが、当社は引き続き、皆さまの健康のお役に立てるよう製品の安定供給に努め、また、新しい生活様式への変化やニーズに対応できる製品・サービスのご提供や技術開発に尽力していきたいと思います。

寄附について

森下仁丹は、新型コロナウイルス感染症の影響を受ける社会的な困難に対し、寄附などを通して支援していきたいと考えています。

頂戴したご支援について

温かいご支援を賜りましたことに感謝の意を表し、心より御礼申し上げます。

PAGE_TOP