ホーム > 企業情報 > 健康経営

健康経営

森下仁丹グループは、従業員及び家族の健康を重要な経営課題と捉え、グループ一丸となって、健康増進・疾病予防に取組むことを宣言します。

更に健康経営を実践することで

  1. 健康産業に従事する企業グループとして、お客様から信頼され、必要とされる企業を目指します。
  2. 従業員一人ひとりが、健全で活き活きと仕事に取り組み、従業員の家族も含めて、充実した健康な人生が実現できるようサポートします。
  3. 全社的な環境整備に取り組み、労働災害の削減はもとより、安全で快適な職場環境の形成に努めます。

健康経営推進体制

健康経営推進体制

健康課題とKPI

従業員の健康課題には性差があり、それぞれにKPIを設定しております。

  1. 男性従業員は適正体重の維持と禁煙に努め、生活習慣病の予防を
  2. 女性従業員はがん検診を忘れず、がんの早期発見と早期治療を
KPI 2016年度 実績 2020年度 実績 2025年度 目標
肥満率
BMI≧25
男性従業員 30.8% 27.7% 23.0%
女性従業員 17.9% 17.3% 15.0%
喫煙率 男性従業員 36.7% 31.4% 25.0%
女性従業員 9.6% 5.8% 3.0%
身体活動 男性従業員 42.1% 45.0% 50.0%
女性従業員 32.8% 39.6% 45.0%

また、婦人科がん検診受診の促進、ハイリスク群への受診勧奨の強化、さらに、コミュニケーションの活性化も課題と捉え、対応策に取り組んでおります。
詳細は、森下仁丹健康白書2021をご覧ください。

外部からの評価

健康経営優良法人として4年連続であり、大規模法人部門では今年初めて認定されました。

健康経営優良法人2022